フィリピンの田舎 ミンダナオでの起業(副業)日記

40歳代後半、バナナビジネスでフィリピン ミンダナオの田舎で起業(副業)し、不毛なサラリーマン生活からの脱出を企てる

ビジネスパートナーの車

皆さんお久しぶりです。

かなりブログをサボってました。

 

ビジネスパートナーのWilmerが

車を買い替えたとのこと。

事前に相談を受けており、

すぐに壊れるからやめておけと

言ったが彼には届かず...

 

2005年式、フォード エベレスト

f:id:Lalamy_3000:20200714092138j:plain

 

フィリピン人て、デカイ車が好きなんだよな...

知らんで、すぐに壊れても。

 

f:id:Lalamy_3000:20200714092713j:plain

 家族でドライブ楽しんでる写真

 

そんなに高い車じゃないが、フィリピン人が

車を持つということは、ちょっと夢のような、

クラスがupした感があるんだろうな...

 

別のマネージャーRamilも中古だが

車を買ったし、とても貧しかった

彼ら家族・兄弟たちが、立ち上げた

バナナビジネスで裕福になっていくのは

実はちょっと嬉しかったりして。

 

ではまた。  

 

 

 

 

読書の5月

先日、Kindle Unlimitedの本読み放題プランに加入し、既に何冊か本をあさって読んだが、1冊、読み放題プランには含まれてはいないが、気になったタイトルの本があったので、メルカリで探したところ、送料込みで400円であったので、早速購入。

 

だから、居場所が欲しかった。バンコク、コールセンターで働く日本人

 

f:id:Lalamy_3000:20200510130427p:plain

 

タイ バンコクについて

海外旅の本が好きです。特にアジアの喧騒が好き。バンコクも好きな都市の一つ。なんだかんだ言って、毎年行ってる。

食べ物がおいしい。ローカルなバーも好きだ。見ごたえののある観光地もあるし。

 

そう言えば、昨年、5月に仕事でバンコクに行った際、国の禁酒日と重なってしまい、ビール難民と化してしまった辛い思い出があった......

このブログ見てね。さくっと読める。2019年5月↓

 

lalamy-3000.hatenablog.com

 

lalamy-3000.hatenablog.com

 

2018年8月も行ってた。↓

lalamy-3000.hatenablog.com

 

 

本の感想

本に登場する方々、皆さん日本の窮屈感が嫌になってバンコクへ飛び出してきた。考えが浅い人たちという見方も書かれていたが、自分はこの日本の窮屈感に共感した。

 

日本に居ると、こうでないといけない、こうすべきだなど、言い換えると、「この円の中にずっと居ろ」というような、同色化・同調化傾向を感じる。で、この円からはみ出してしまうと非難される。

 

だから、自分が今、副業をしているフィリピンのような国に対して、そこに居れば日本と違う点でストレスを感じることは多々あるのだが、「自由度の高さ」は自分にとっては魅力的だ。

 

そう言いながら、自分は日本でサラリーマンをして、日本に家庭があり、日本に居場所はある。でも、何か物足りない。 結局、本に登場する人たちと同じで、自分はフィリピンのミンダナオに居場所を見つけたんだろう。

 

ではまた。🖐🖐🖐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急げ!! kindle unlimited キャンペーン  今日まで、3カ月299円

全く無防備でした!!!

ある方のブログを読んでいて、本日5/6までkindle unlimited が3カ月間で合計299円!!

即、登録しました。

GWが始まるタイミングで知っていれば...

悔やまれます。

 

愛用のipad Pro 12.9インチと電子書籍との相性はなかなか良いです。

3か月間、本を読みまくるぞ!!

 

 

Kindle Unlimited キャンペーン

 下記からアクセスしてください。

対象者の方は、3カ月299円の広告が表示されるようです。

https://www.amazon.co.jp/

 

 

バナナを詰める木箱も自社製品

1.木箱について

フィリピン ミンダナオにある自社では、バナナを木箱に詰めてバイヤーへ運び販売しています。

ライバル他社では箱に入れずに、裸のままトラックに積み運んで、バイヤーへ売っているケースも多々あります。それだとバナナが痛みますよね。

当社では品質優先でビジネスを進めててるので、品質確保のためには木箱は必須。ただ、この木箱も外部から買うと、一箱40~50ペソ、80円~100円するんですよ。

なので、自社で内製化・製造しています。

この木箱作成においても、現地のフィリピン人を2名雇用しており、現地の雇用確保に貢献できているのではないかと思ってます。

 

2.木箱の写真

f:id:Lalamy_3000:20200505084258j:plain

 こんなんです。非常に粗悪で簡単なつくりです。

でも、リターナブル木箱ではないので、バイヤーへバナナを販売後、回収しませんので、こんなんでOKです。

 

3.製造現場

f:id:Lalamy_3000:20200505084328j:plain

こんなんです。投資額は10万円くらいです。機械も中古品です。(*゚▽゚*)

奥で作業員が寝てます (゚O゚)

 

f:id:Lalamy_3000:20200505084506j:plain

 丸太で木を購入して、その後製材します。

f:id:Lalamy_3000:20200505084459j:plain

将来的にはライバル他社へ販売しようと考えていますが、作業場前の搬入・搬出で利用していた道路が行政により拡張工事をしており、車両の進入が制限されてしまったので、現状は自社で使う木箱のみ適量を作っています。

 

ではまた。(^^)/~~~

 

 

日本で食べてるフィリピン産バナナは、フィリピン現地の人は食べない話

フィリピンのミンダナオでバナナビジネスをしているので、今日はバナナについて紹介したいと思います。

 

私たち日本人が食べているバナナの多くはフィリピン産です。スーパーで100円代で買えますね。

これはこれで美味しいのですが、フィリピン人は(フィリピン国内では)日本人が食べているこの種のバナナは食べません。

フィリピン国内のマーケットに行っても、日本で売られているこの種のバナナは見かけません。

なぜでしょうか??

 

まずは代表的なフィリピンバナナの品種から紹介します。

 

代表的なバナナの品種

 1.ラカタン

f:id:Lalamy_3000:20200504143126j:plain

フィリピン人が好んで食べます。皮をむくと、身がやや黄色いです。サイズは色々とありますが、写真の私が持っている大型サイズで見栄えが良いものは、クラスAと呼ばれて市場で高値で取引されています。糖度が高く、とても美味しいです。私のバナナビジネスも、このラカタンが中心です。

 

 

f:id:Lalamy_3000:20200504143314j:plain

写真は食べ頃に熟してきたラカタン。写真だとわかりづらいですが、とても大きいです。

 

2.ラトゥンダン

f:id:Lalamy_3000:20200504143804j:plain

適当な写真がありませんでした。(´·ω·`)

上の写真は、事務所があるPanabo市のマーケットで撮影した写真。

※女性の笑みがさわやかですね。

 

写真のぶら下がっているバナナは大抵がラトゥンダンです。

皮をむくと、ラカタンと同様にやや黄色い身をしており、糖度も高めです。ラカタンより小さく、価格も安いので、フィリピン現地庶民の人たちが購入していきます。市場で良くみかけます。

 

3.サバ

f:id:Lalamy_3000:20200504144217j:plain

写真は日本で2か月程度前に撮影したものです。生では食べられません。調理用バナナです。フィリピン現地では、価格はとても安いです。

当社の現地での仕入れ値は、10ペソ(21円)/kgです。

写真は550円/kgです。

ありえない価格ですね!

ぼったくり!!!

 

4.キャベンディッシュ

写真はありません。皆さんが日本で食べているバナナです。

当社は扱っていません。Doleとか、大手企業がミンダナオでプランテーション農園で

栽培して輸出しています。

皮をむくと、身が白いですよね。

糖度はラカタンと比較すると低いです。

カタンやラトゥンダンよりも発育が速く、その分、収穫回数も多くなりるため、低いコストで生産できます。病害にも強く、輸出にはうってつけです。

 

カタンを輸出してビジネスとしてる企業はほとんどみかけません。なので、日本のスーパーでラカタンはほとんど見かけないので購入できません。

 

フィリピン国内での流通量も少ないです。フィリピン人は、ラカタンやラトゥンダンの方が、糖度が高く美味しいということを知っています。 

 

 

以上でした。皆さんの参考まで。

ではまた。

 

何とか輸送用トラックをゲット

ミンダナオの現地から一報が入った。

マニラ圏ルソンまで戻る空荷のトラックを捕まえた。

ミンダナオからビコールまでの片道レンタル。

もがくと何とかなるもなだなぁ

 

ゲットしたトラック 

f:id:Lalamy_3000:20200503105420j:plain

 あれ、ウイングバンじゃないぞ。

これ、バイクとか運んでるトラックじゃん。

雨降ったら商品汚れるだろと問うと、

買い取ったバイヤーが洗うから問題ないと....

 

 

バナナの積み込み作業

f:id:Lalamy_3000:20200503105431j:plain

  皆、早朝から頑張ってます。

昼までに出発しないと間に合わない。

 

 

f:id:Lalamy_3000:20200503105449j:plain

 これはカーランという芋です。

バナナだけでなく、季節に合わせたミンダナオの野菜・果物もは運びます。

 

 

f:id:Lalamy_3000:20200503105501j:plain

弱小資本の会社なので、大した設備はありません。

青空の下で積み込み。

写真の女性は、私のビジネスパートナー Wilmerの奥さん。

とても良い人柄の女性です。

 

目的地のBicolとはどこか?

f:id:Lalamy_3000:20200503111431p:plain

こんな感じです。

フェリーを2回乗り継いて行く。

休憩も入れると、1日半くらいの日程が必要。

毎週、Bicolまで運んでます。遠いわ....

 

 

f:id:Lalamy_3000:20200503111547p:plain

拡大しました。

 

ではまた 🖐🖐

 

やばい、契約した輸送トラックが来れないらしい

f:id:Lalamy_3000:20200502150624j:plain

 

契約した輸送トラックが

チェックポイントでいちゃもん

付けられて来れないらしい

 

Lockdown中のフィリピン。5/1から規制を

弱める地域が出てきたらしいが、当社がある

ミンダナオのdavao del norte地域は、

5/15? まで継続して強めの対応をするらしい。

 

その影響か、契約トラックが検問でいちゃもん

つけられて、通過できず、当社の荷を受け取りに

来れないとの連絡が入った。(´;ω;`)

 

理由はわからないが、ミンダナオはビザヤ地方で

ビザヤ語になるが、マニラのあるルソン地域の

タガログ語しか話せない、勝手のにわかって

いない警官が来てぐちゃぐちゃやっている

とのこと。

何じゃそりゃ?

ニセ警官じゃないのか?

金で解決せよ(金よこせ)

ということか? 👊👊👊👊

 

バナナをマニラのあるルソンまで運ぶ当社は

コロナ禍の中でもFoodを運ぶEaasential 事業

としてPassをもらっているのに...

 

このいいかげんさがフィリピンあるあるだな。

 

明日の昼までに荷物積み込んで出発しないと

約束した納期に遅れてしまう.....

 

とりあえず、その辺の幹線道路走っている、

荷が空の、ルソンに戻る大型トラックを

捕まえて、頼み込むように指示した。

多少割高でもやむを得ずというところか。

 

今回は600箱、1箱30kg×600箱だから、18トン。

あとはSABAという安い調理用のバナナが1トン。

腐らせたら大変だ。

現地のマネージメントのメンバーに頑張ってもらうしかないが。

さて、どうなることか... (´・ω・`)